読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼ日刊エビナのワイン(ほぼエビ)

京都御所南のワイン専門店 CAVE de EBINA のワインをほぼ毎日ご紹介!

#125 V2014 Muscadet Sevre et Maine Sur Lie, Dm. de la Louvetrie <ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・シュール・リー、ドメーヌ・ド・ラ・ルヴトゥリ> ¥1,800

#125 V2014 Muscadet Sevre et Maine Sur Lie, Dm. de la Louvetrie <ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・シュール・リー、ドメーヌ・ド・ラ・ルヴトゥリ> ¥1,800

f:id:EBINA:20160505191428j:plain

生産者:Dm. de la Louvetrie <ドメーヌ・ド・ラ・ルヴトゥリ>

DOMAINES LANDRON (Dm. de la Louvetrie)

産地:フランス、ロワール地方

葡萄品種:100% Muscadet <ミュスカデ>

格付: AOP Muscadet Sevre et Maine <ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ>

※ロワール河口に開けた町、ナントの辛口白ワイン。フレッシュ&フルーティな味わいがこのワインの持ち味で、エレガントな酸が舌の上ではじける感じが魅力的です。

※醗酵:ステンレス・タンク醗酵。熟成:ステンレス・タンク熟成6ヶ月(シュール・リー)。

※生産者であるドメーヌ・ド・ラ・ルヴトゥリは、ピエール・ランドロン氏により1945年に設立された家族経営のドメーヌで、現在は息子のジョゼフ・ランドロン氏がワイン造りをしています。ナント地方の南にあるミュスカデ地区でもトップクラスのブドウ畑を所有し、26へクタールの畑の95%でこの地方唯一の品種、ムロン・ド・ブルゴーニュを栽培しています。ドメーヌが誇る複雑で個性的なテロワールは、ランドロン家がこだわるシュール・リー法によって、その個性が存分に発揮されたそれぞれのワインとなります。