読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼ日刊エビナのワイン(ほぼエビ)

京都御所南のワイン専門店 CAVE de EBINA のワインをほぼ毎日ご紹介!

#173 V2011 Hipperia Vallegarcia, Pago de Vallegarcia<イペリア・ヴァリェガルシア、パゴ・デ・ヴァリェガルシア> ¥5,000

4〜6000円台 SPAIN 【赤】

#173 V2011 Hipperia Vallegarcia, Pago de Vallegarcia<イペリア・ヴァリェガルシア、パゴ・デ・ヴァリェガルシア> ¥5,000

f:id:EBINA:20170123163158j:plain

生産者:Pago de Vallegarcia<パゴ・デ・ヴァリェガルシア>

Vallegarcía

葡萄品種:50% Cabernet Sauvignon<カベルネ・ソーヴィニヨン>、30% Merlot<メルロ>、10% Cabernet Franc<カベルネ・フラン>、10% Petit Verdot<プティ・ヴェルド>

産地:スペイン、セントロ

格付:Vino de la Tierra de Castilla

※醗酵:ステンレス・タンクでマロ・ラクティック醗酵あり。熟成:オーク樽(フレンチオーク、225L、新樽100%。)で12ヶ月。

※トレド山地唯一のワイナリーが造るボルドーブレンドの赤ワイン。カベルネ・ソーヴィニヨン主体で、上質の力強い味わいと長い余韻が印象的。

※世界10大石油メジャー、レプソルの元CEOアルフォンンソ・コルティナ氏が2001年に立ち上げた豪華プロジェクトが、パゴ・デ・ヴァリェガルシアです。数々の企業のトップを務め経済界にも多大な功績を残してきたコルティナ氏には、一方で純粋なワインラバーとして長年ブルゴーニュとボルドーワインを愛飲してきました。そしてその思いはやがてワイナリー設立へとコルティナ氏を駆り立てることになります。

※1997年、家族が代々所有してきた「モンテス・デ・トレド(以下トレド山地)」の土地で、ワイナリーに世界的に有名なオーストラリア人栽培コンサルタント、スマート・ダイソン氏を迎え入れ、最高の畑作りに着手しました。2年後には最初の畑が整い、2001年に初収穫。以降4年間は近隣のワイナリーの施設を借りて、ワイン造りの実験を繰り返しました。1999年、醸造にはメドックの守護神の異名を取るエリック・ボワスノ氏を迎え入れ、スペインで見事なボルドーブレンドのワインを造りだすことに成功しました。

※ワイナリーがあるトレド山地はイベリア半島で最も小さな山脈ですが、その複雑な地形と古代からの堆積物で知られ、特に畑のあるラニャ区画は北にカバニェロス国立公園、南に渓谷と山々を擁し、世界的に見ても特別なテロワールとして魅力を放っています。この稀有な隠れた地で動き出した夢のプロジェクトは、馬をシンボルとした美しいラベルとともに世界で愛されています。

※さらに詳細は、こちらでどうぞ!>パゴ・デ・ヴァリェガルシア(MOT!WINE)