読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼ日刊エビナのワイン(ほぼエビ)

京都御所南のワイン専門店 CAVE de EBINA のワインをほぼ毎日ご紹介!

#082 V2012 Valdehermoso Roble, Valderiz <ヴァルデエルモソ・ロブレ、ヴァルデリス> ¥3,000

3000円台 SPAIN 【赤】

#082 V2012 Valdehermoso Roble, Valderiz <ヴァルデエルモソ・ロブレ、ヴァルデリス> ¥3,000

f:id:EBINA:20160218104147j:plain

生産者: Valderiz <ヴァルデリス>

Valderiz · Bodegas y Viñedos

産地:スペイン、カスティーリャ・レオン州

葡萄品種:100% Tempranillo <テンプラニーリョ>

格付:DO Ribera del Duero <リベラ・デル・デュエロ>

※地域最高品質ぶどうによる果実味と複雑味の共演。食欲がそそられる豊かなフルーツのアタック。滑らかな舌触り。ジューシーな果実味とキャラメルのようなスモーキーさが広がり、複雑味と共にビロードのようなタンニンが感じられるエレガントな赤ワイン。飲み続けたくなるような、長く心地よい余韻が魅力のひとつです。

※生産者であるヴァルデリスは、高級ワインの産地であるリベラ・デル・デュエロが産んだ天才葡萄栽培家トマス・エステバン氏が自ら醸造を開始したワイナリーです。1979年に栽培農家としてスタートし、他のワイナリーへ葡萄の提供をしていましたが、1997年にワイナリーを設立。独自のワイン造りを開始し、2004年に最初のヴィンテージをリリースしました。『葡萄の、ワインの声を聴く』をモットーに、最高品質の葡萄とテロワールに誠実な彼のワイン造りは、世界中から賞賛と注目を集めています。
※栽培家トマス・エステバンは、ロア村のぶどう再植の父、ビオディナミ栽培の先駆者で、「地域最高品質のテンプラニーリョ」の造り手としても有名。スペインの最高峰の数々のワインにぶどうを提供しています。熱心なビオディナミ農法と伝統的な丁寧で卓越した栽培技術で、近年の高級スペインワインの躍進を陰から支えてきた立役者です。

※D.O.リベラ・デル・ドゥエロは、マドリッドの北、カスティーリャ・レオン州の9つの原産地呼称の一つ。屈指のスーパーブランド蔵があるスペインワイン最重要産地。ドゥエロ川の両岸に長さ115キロ、幅35キロの細長い田園地帯。ぶどう畑は標高700~1000mの高地にあり、内陸性気候の影響で冬は厳しく-10℃、夏は乾燥した40℃と、四季を通し寒暖差が激しい。年間降雨量は450mmと比較的低く、年間日照は2400時間以上。中でもロア村は、「パゴ・デ・ヴァルデエルモソ」(美しき単一畑の村)と呼ばれる中心地であり、最も優れた複雑なテンプラニーリョ種を生むと有名。『ウニコ』、『ピングス』、『ペスケラ』等、世界レベルの高級ワインの畑が並ぶ。ヴァルデリス社は、これらの高級ワインの畑に隣接した様々な土壌に75haの畑を所有し、栽培から熟成までそれぞれの土壌の個性が最も活きたワイン造りを追求しています。

※栽培と醸造~リスクの高い大変ストイックなビオディナミ栽培を採用。除草剤、殺虫剤、肥料はもちろん、水もまかず、雑草も自然のままに、過剰な手を極力省いて生命力を尊重し、個性が最大限に引き出された果実を生み出します。農作業は月の満ち欠け等の自然のリズムに忠実に合わせ全て手作業で、また作業車を使わず歩いて行います。一本の樹から2房のみ、1haに5,500kgの超低収量のぶどうを100%手摘みで丁寧に収穫しています。ポテンシャルが最大限に至るタイミングの見極めと、僅かでも最高品質に至らない果実は収穫しないという、惜しみない摘房は、トマス氏の信頼の由縁です。隣接したワイナリーにて、到着順にすぐさま醸造が始まります。醸造においてもその信念は変わらず、全ての道具と設備の清掃、設備投資と人の努力を惜しまず、栽培から醸造・熟成・ 保存・出荷までの全ての詳細を重要視した「真心を尽くしたワイン造り」を信念にしています。

※参考:ヴァルデリス ヴァルデエルモソ・ロブレ 2013: 三国ワイン株式会社