読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼ日刊エビナのワイン(ほぼエビ)

京都御所南のワイン専門店 CAVE de EBINA のワインをほぼ毎日ご紹介!

#077 V1997 Santenay Premier Cru "La Comme", Remoissenet <サントネ・プルミエ・クリュ・“ラ・コム”、ルモワスネ> ¥5,000

4〜6000円台 Bourgogne 【赤】

#077 V1997 Santenay Premier Cru "La Comme", Remoissenet <サントネ・プルミエ・クリュ・“ラ・コム”、ルモワスネ> ¥5,000

f:id:EBINA:20151223140827j:plain

生産者:Remoissenet <ルモワスネ>

産地:フランス、ブルゴーニュ地方

葡萄品種:100% Pinot Noir <ピノ・ノワール>

格付:AOP Savigny-les-Beaune <サヴィニー・レ・ボーヌ>

※このワインは、サントネの一級畑の中でも特に評価の高い『ラ・コム』のもので、1997年というオフ・ヴィンテージながらも、一級畑ならではの味わいと、それゆえの程良い熟成感を手頃な価格でお楽しみいただける1本です。

※生産者であるルモワスネ社は、19世紀末に創設、ボーヌの町に本拠を構えています。前当主であったローラン・ルモワスネ氏は、同社の事業発展に尽力する傍ら、その卓越したテイスティングの能力を買われ、フランス最大のワインショップチェーン「ニコラ」のクルテイエを長年に渡り務めました。

※しかし同氏には跡継ぎがいないことから、2005年にアメリカの資産家、エドワード・ミルシュテイン氏へ経営を譲る事となりました。彼はワインの収集家として名高く、ルモワスネ社の伝統を引き継いでゆく事に大変意欲を燃やしています。また、副社長としてルイ・ジャド社で重役を務めたベルナール・ルポルト氏を迎え、彼に実際の経営を任せています。醸造部門では若く有能な女性、クロディー・ジョバール氏(ジョセフ・ドルーアン社の醸造責任者を長年務めたロランス・ジョバール女史の娘にあたります。) を醸造責任者として迎えています。

※現在、ルモワスネ社では「飲み頃のブルゴーニュを提供してゆく」昔ながらの伝統と、品質向上へ繋がる最新技術への取組みとの両立に日々励んでいます。

f:id:EBINA:20160220192331j:plain

(出典:フランスAOCワイン事典 [ 佐藤秀良 ]