ほぼ日刊エビナのワイン(ほぼエビ)

京都御所南のワイン専門店 CAVE de EBINA のワインをほぼ毎日ご紹介!

#046 V2003 Saint-Joseph, Bonserine <サン・ジョセフ、ボンスリーヌ> ¥4,500

#046 V2003 Saint-Joseph, Bonserine <サン・ジョセフ、ボンスリーヌ> ¥4,500

f:id:EBINA:20160116095348j:plain

生産者:Bonserine (Tradivin) <ボンスリーヌ(トラディヴァン)>

Domaine de Bonserine

葡萄品種:100% Syrah <シラー>

格付:AOP Saint-Joseph

※ローヌ地方北部のグレートヴィンテージ2003年のシラーが、10年を超える熟成を経て初めて表出させる芳潤な味わいを体験できる1本です! (^_^)

f:id:EBINA:20160116183801j:plain

※生産者であるボンスリーヌは、2006年、北部ローヌのスペシャリストであるギガル家が取得したドメーヌ。コート・ロティに所有するブドウ畑の面積10haは、当時、ギガルに次ぐ広さであった。ボンスリーヌの名前はシラーの別名「スリーヌ(serine)」に由来する。ギガルはボンスリーヌを独立したドメーヌとして存続させ、醸造責任者も引き続き登用。ギガルとまったく同じ造りであれば、わざわざ独立したドメーヌにする必要はなく、発酵前の低温マセレーション(ラ・サラジーヌのみ)や、228リットルの小樽のほか650リットルのドゥミ・ミュイを熟成に用いるなど、醸造上、ギガルとの差異が見られる。樽香を抑え、果実のアロマをより強調したスタイルといえる。

※自社畑産のワインを補完する形で、買いブドウからなるネゴシアンワインを「トラディヴァン」の名でリリースしており、このワインもそのひとつ。

f:id:EBINA:20160116183644j:plain

(出典:フランスAOCワイン事典 [ 佐藤秀良 ]