ほぼ日刊エビナのワイン(ほぼエビ)

京都御所南のワイン専門店 CAVE de EBINA のワインをほぼ毎日ご紹介!

#045 V2006 Vacqueyras, Dm. Santa Duc <ヴァケラス、ドメーヌ・サンタ・デュック> ¥3,300

#045 V2006 Vacqueyras, Dm. Santa Duc <ヴァケラス、ドメーヌ・サンタ・デュック> ¥3,300

f:id:EBINA:20160116095242j:plain

生産者:Dm. Santa Duc <ヴァケラス、ドメーヌ・サンタ・デュック>

Domaine Santa Duc - Gigondas - Châteauneuf-du-Pape

葡萄品種:80% Grenache <グルナッシュ>, 20% Syrah <シラー>

格付:AOP Vacqueyras

※グルナッシュの樹齢は、なんと105年です。2〜4年樽で12ヶ月熟成します。赤い果実と煮詰めたフルーツのアロマが感じられます。肉厚でスパイシー、力強い中にも、サンタ・デュックらしいエレガントさを秘めています。

※生産者であるサンタ デュックは、コート・デュ・ローヌ南部のドメーヌとしてはさほど大きくありませんが、この小さなドメーヌで、イヴ・グラによって造られるワインは、今や世界中のワイン評論家を驚かせています。

※ドメーヌワインには多くの畑仕事が必要で、現在4~5人を畑専門に雇っています。ネゴシアンワインは畑の作業は少ないですが、ブレンドに労力がかかります。しかしグラには南ローヌの友人が多く、彼らの情報を通して良い葡萄が入手出来ます。セラーでの仕事は基本的にグラ一人で行なっています。

※ワイン哲学は「良い酸と良いストラクチャーを持った南ローヌでもしなやかでエレガントなワインを目指している。理想はブルゴーニュワイン。一杯ではなく一本飲めるワインを造りたい」。具体的には発酵期間を短くし(20→15日間)、バリックをやめてタンクに変更しました。長いかもしはタンニンが強くなりすぎてしまい、フルーツと酸を失ってしまうからです。

※自社畑はオーガニック。畑には化学的なものや除草剤を使わず、土を耕して除草。肥料は動物の糞や葡萄の枝など植物から作られたコンポストを使用。方法は1995年頃から変わっていませんが、2012年から一部アイテムに認証のABマークが付きます。

f:id:EBINA:20160116161626j:plain

f:id:EBINA:20160116162104j:plain

(出典:フランスAOCワイン事典 [ 佐藤秀良 ]